会社をズル休みする時に使いたい4つの理由

みなさんは、会社を休みたい時ってどうしてますか。まぁよほどのことがない限り平日に休むのは無理ですよね。

そりゃそうだ。

今回は、僕なりに効果のありそうなズル休みの言い訳を考えてみました。

 

 

僕の評価にも関わるので伝えておきますが、1回もズル休みなんてしたことありませんから。

そして今後する予定もありませんよ!ここははっきり伝えておきます。

 

あと、先に伝えておきますが、保証は一切しませんし、責任も取れません。

ジョークとして読んでいただければありがたいです。

 

(今回は、仮病は一切使いませんでした。理由としては、病院に行った書類を提出しないといけないからです。もし提出しなくてもよいのなら、仮病を最終手段にとっておいてください。)

では、早速行きましょう。

 

 

1. 「マンションの排水管工事の日程変更ができず、明日じゃないとダメなんです。」

 

業者に連絡して日程変更してもらおうとしたが、どうしても無理でしたということを伝えれば午前中は休めそう。

「排水管工事で自分の部屋の番が回ってくるのが11時過ぎだった」と言えば、12時くらいに出社しても問題なさそうです。頑固な上司なら、自分でそれっぽい書類を作ってしまいましょう。

その際、担当者の携帯電話まで書いておけば信頼してもらえるはずです。(番号は、知らない番号からは出なさそうな友人の番号を書いておきましょう。)

 

 

2. 「トイレの水漏れが起こってしまい、業者を呼んでいます」

 

これは、1に近いですが前もって休む連絡をする必要がありません。当日朝で問題ないのです。これも作業が終わる時間くらいに電話して仕事に向かえばいいので午前は確実に休めます。

場合によっては、「大変だったね」と優しく声をかけてもらえるかもしれません。不可抗力ってのは、理由として強いですよね。

 

 

3. 役所関係

役所は平日しかやっていませんからね。なんとか、理由をつけて午前中休みましょう。特に関東は役所で1時間平気で待つ事もあるので、午前中休めるのは確実ですね。

 

4. 身内のトラブル

これは、理由にできない人もいます。一人暮らしだと実家に帰るなんて選択肢はなかなかできませんよね(特に超遠距離)。今日は、とりあえず仕事に来いとなるかもしれません。

使う人は、「姉が、車で事故を起こして救急車で運ばれた」とか「母が職場で倒れた」とかの理由で、使うのがいいとは思いますが上司に嘘だと思われないように演技を混ぜて伝えてくださいね。ちなみに亡くなったとかだめですよ絶対ばれるんで。

家族の怪我を数日後に改善したと報告するのもお忘れなく。

 

 

 


 

 

さて、自分の想像力に任せて書いてみましたが使えそうなものはありましたか。

どの理由も基本は、信頼されていないと無理です。例えば、毎週のように休んでいる人からこんな理由聞いても嘘としか思えませんよね。本当に休みたい1回のために、まずは信頼される人になりましょう。

逆に言うと、1回信頼をなくしてしまうと元に戻すのはかなり難しい。最悪の場合、元には戻せません。どうしても、仕事に行きたくないという方は演者になったつもりで1回試してみてはいかがでしょうか。再度言いますが、責任は取れません。

では、良い社会人ライフを。