広告業界大打撃?IOS9のアドブロック「Crystal」の登場

IOS9の出現により、スマホでの広告ブロック本格対策が始まりました。広告運用会社や、サイト広告で収益を上げていた会社は少なからず影響を受けるでしょう。

ただ、アップデートしただけではコンテンツブロックされるわけではないのでiphoneの方はご注意を。今日は、話題のアドブロックについてまとめました。

 

 

アドブロックを有効にするためには

 

アドブロックを有効にするためにはまず、アプリをダウンロードする必要があります。やはり今話題なのは、Crystal(クリスタル)ではないでしょうか。リリース後、すぐにappstoreから消えたと思ったら広告主向けに有料コンテンツを追加して戻ってきました。

 

広告削除アプリ「Crystal」が広告主向けに有料で広告を「表示させる」プランを開始

 

有効化までの流れは

 

  1. appstoreより「Crystal」と検索し、ダウンロード。
  2. iphoneの設定をを開き、safariへ。
  3. ios9からその項目に「コンテンツブロッカー」が追加されれいるのでそこをクリック。
  4. 「Crystal」を有効にする。

 

になります。これで、ばっちり広告を消してくれます。

今のところ確認できているのは、Google adsenseやリスティング広告です。アイモバイルやアフィリエイトはまだ表示されているようです。(ただ、今後どんどん非表示対応広告が増えていくだろうと思います。)

 

ユーザーにとって、最近の広告は邪魔なものがかなりありますよね。そういう広告が消えて必要なものだけが表示されるのなら、ユーザーは大満足ですね。僕も、コンテンツを読むときに「この広告、下にずっと出ていてうっとうしいな」と思ったことは多々あります。

 

しかし、広告収入のためにコンテンツを書いている人たちにとっては利益が出なくなるのでコンテンツを書くのをやめてしまう。そうしたらユーザーがほしい情報も入ってこなくなり悪循環ですね。この広告とコンテンツの問題は今後ずーっとweb業界では解決できない問題かもしれません。純広告だけというのは無理がありますし。

 

 

問題なのは広告だけではない!

social-media-crystal-ball-300

問題は、広告だけではありません。このCrystalというアプリの恐ろしい所は、ブログやメディアによくあるtwitterやfacebookのシェアボタンも非表示にしてしまうのです。バズらせるメディアは大打撃、、、。形を変えて表示させるように対策する必要がありますね。

あと、このアプリはGoogleAnalyticsもブロックしてしまうのです。モバイルのアクセス解析ができなくなりますね。モバイルの流入が多いサイトは、広告も出せないし、解析も取れないという2重苦です。僕のブログもモバイル流入が多いので、是非ともこの流れは止めて欲しいものです。

 


 

 

今後もちろん対策をしていくと思いますが、Appleの対策によりGoogleに多少なりとも打撃があることは間違いないです。

Googleもこのままではダメなのでなんとかしてくるはずですが、、、。このイタチゴッコが落ち着いてくれることを願うばかりです。