AFFINGER2とSTINGER6が待望の公開。新機能をチェックしましょう

WordPressのテーマは何を使っていますか?自分でオリジナルという方もいらっしゃると思いますが、ほとんどの方がネットに出ているテーマを利用しているのではないでしょうか。

2015年12月に、有名なテーマ「AFFINGER」と「STINGER」の新作が公開になりました。

 

AFFINGER2とSTINGER6について

まずは、新しくなったのはこの2つ。アフィリエイター向けのテーマ「AFFINGER2」、そしてブロガー向けテーマ「STINGER6」です。

 

ダウンロードはこちらから

AFFINGER2 ダウンロードページ

STINGER6 ダンロードページ

 

このテーマを知らない方のために簡単にご紹介。

 

AFFINGER(アフィンガー)

賢威と引きを取らないくらいアフィリエイターには人気なのがこのAFFINGERです。何がすごいかというと、SEO対策やアフィリエイトに使いやすいように設計されており、なにより無料だという事です。お金を稼ぐという事に特化したテーマというのも、人気のポイントです。

ページのカラム変更やランキング機能があり、アフィリエイトでの鉄板「おすすめ商品ランキング」なんかも簡単に作成出来ちゃいます。

賢威が有料という事で、AFFINGERを使っているアフィリエイトサイトも良く見かけますね。

 

STINGER(スティンガー)

SEO対策(検索エンジン最適化)されたWordpressテーマとして、有名なのがSTINGERです。もちろん無料。

STINGERにテーマを変更した事で、検索トラフィックが倍になったりSEO内部改善について考えず文章がかけるのでいいといった意見もよく聞きます。

あとは、Adsenceを記事に簡単に貼れる機能も搭載されているので、広告収入を上げるためには便利ですね。

 

AFFINGER2の新機能

AFFINGER2

AFFINGER2の新機能は今わかっているもので以下の機能になります。

  • ファビコンを簡単に設定できるようになっています。
  • SNSアカウントを登録して、サイトに表示できます。(ソーシャルボタンの追加)
  • 投稿一覧の際「投稿日・更新日・サムネイル」、表示・非表示を設定できます。
  • お知らせや新着ニュースをTOPに表示できます。
  • TOPのレイアウトを変更できます。(固定記事の設定も可能です)

 

後は、個人的に好きだった変更点

  • 黄色ボックス、グレーボックス、薄赤ボックスができた(表示の幅が広がり、エディタから編集可能)
  • メタキーワード、ディスクリプションが投稿ページから簡単に入力可能

 

 

尚、AFFINGERよりアップデートされる方は、以前のカスタマイズ用子テーマなどは使用できないようなので再度作成が必要なようです。カスタマイズについては、どんどんネットに情報が集まっていくと思いますので気になる方は調べてみてください。

 

STINGER6の新機能

STINGER6の新機能は、随時更新予定との事。STINGER自体が、数十人のサイト運営者や様々な方の知識やノウハウを集約したテーマですので、HTML5やschema.org対策されていると良いなーと個人的に思っていますが、どうなるんでしょうか。楽しみですね。

すでにダウンロードは出来ますので、気になるヒトはぜひチェックしてみてください。

(まだ、チェックまで出来てません。すいません、、、)

 

追記(2015年12月6日,22日)

本日、STINGER6も触ってみました。「全てはブログを書く為に」というテーマを掲げているだけあって、やっぱり使いやすいですね。大きな変更点はなく、いままで通りライターに優しいデザイン設計。

デモページもありますので、ぜひご覧ください。

STINGER6-DEMO

 

zipファイルをダウンロードして、入れ込むとこんな感じに。

FireShot Screen Capture #104 - 'テーマの管理 ‹ VOICE — WordPress' - yurikusa_esy_es_wp-admin_themes_php

 

STINGER5の時は、真ん中に「5」と出てましたが、6はおしゃれになりましたね。細かいところまで凝っているのがすばらしいですね。

さて、中身を見ていきましょう。

 

FireShot Screen Capture #105 - '- VOICE' - yurikusa_esy_es

 

VOICEという仮サイトを作ってみました。初期の仕様はあまり変わっていませんがカスタマイズのし甲斐があります。カスタマイズの記事も書いていきたいと思います。

ご希望等あれば、twitterよりご連絡下さい。

 

STINGER管理のぺージの仕様はこんな感じ。

FireShot Screen Capture #106 - 'STINGER管理 ‹ VOICE — WordPress' - yurikusa_esy_es_wp-admin_admin_php_page=my-custom-admin

 

WordPress初心者のユーザーでもクリック一つで好きなようにデザインできますね。アナリティクスとサーチコンソールのタグもここに入力すれば、簡単に設定できますし、PR記事を作りたいときには「トップページに固定記事を挿入」に記事のIDを入力すれば、適用されます。

もちろんソーシャルボタンも採用。なにからなにまで簡単な仕様になっています。

 

あ、アイコンの項目のapple-touch-iconというのは、safariを開いた際に出るYahoo!のYマークとかbookmarkしているサイトの四角いアイコンです。設定がなければファビコンが設定されますが、デザインがきれいではないので、スマホユーザー向けにコンテンツを書く方は設定が必要ですね。本家は129×129(ピクセル)ですが、自動で拡大縮小してくれるので、150×150がおすすめです。

 

さて、サイト内の仕様も見ていきましょう。

SNSのボタンが前と違い、おしゃれになっていました。かわいい。

Sample I STINGER6 DEMO

 

 

 

RSS購読のサイドバーの色もデモでは、灰色になっていました。

これは、初期の仕様変更ですかね?色はすぐに変更できますし、問題ないですが。

 

STINGER5

Stinger5のサイドバー

 

STINGER6

Sample I STINGER6 DEMO2

 

 

GoogleAdSenseのタグもスマホ用はカスタマイズから入力できそうです。

 

 

WordPressの配布テーマを使うメリット

WordPressで無料、有料問わず配布テーマを使った方がいいメリットは、「デザインやSEO内部対策に時間を割かなくていい」という事に尽きます。例えば、Wordpressのテーマを一から作ったとして、完成するのにはきっと数ヶ月、長く見て1年かかるかもしれないんです。

その期間、コンテンツをライティング出来るとしたらサイトのパワーも上がりますし、indexされているコンテンツの数も圧倒的に違うはずです。一からサイトを作り3ヶ月で完成したとして、最初から配布テーマを使った人と比べると1日1コンテンツ書いたとしても90も差が開きます。

ブログを始めようと思っている方は、まずデザイン等あまり気にせずまずは書いてみる事。これがなにより大事なのでは無いでしょうか。

 

関連記事: ブログを始める際にチェックしておきたい3つの事

 

初めてサイトを作る方は、アフィリエイターならAFFINGER2、ブロガーならSTINGER6でまずはコンテンツを書いてみましょう。無料ですし、簡単な設計なので勉強はそこまで必要ないと思いますよ。

 


 

 

まだまだまとめきれていない所はありますが、一旦調べられた所までを書いてみました。時間があれば、第2回も書いていきたいと思います。